重量税 自動車重量税(じどうしゃじゅうりょうぜい)は、1971年に施行された自動車重量税法に基づいて、検査自動車と届出軽自動車に対して課される。原則として、印紙を購入し所定の納付書に貼付して納付する。自動車を新規登録または新規届出した時や、継続検査や構造等変更検査を受け、車検証または届出済証の交付を受ける際に納付する… 続きはこちら
自動車税 自動車税(じどうしゃぜい)は、地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づき、道路運送車両法第4条の規定により登録された自動車に対し、その自動車の主たる定置場の所在する都道府県において、その所有者に課される税金で、普通税である。 自動車税は「車検税」ではなく、車検を受ける受けないに関わらず納税義務が生じる… 続きはこちら
取得税 自動車取得税とは、売買等で自動車を取得した取得者に対して課税される税金のことです。税率は、新車で購入した場合と中古車で購入した場合とでは異なり、また中古車の中でも、新しい年式の場合と経過年数が経っている場合とでは異なります。自動車取得税の課税対象車両は、自動車、軽自動車が含まれています… 続きはこちら